FC2ブログ
企業内診断士を経て、とうとう8月1日に独立します
サラリーマン振り返り ~新入社員研修編~
大学院卒業後、私は松下通信工業という会社に就職しました。

松下電器産業(現パナソニック)のグループ会社の1つなのですが、いわゆる子会社というイメージではなく、社内分社という形で、松下電器に採用された社員の配属先の1つというイメージです。

研修は、最初に本社で集合研修を受けた後、工場実習、販売実習という流れでした。

私の風貌と作業着、作業帽がよっぽど似合っていたのか、工場実習では同期の仲間から工場長とあだ名をつけられたりもしていました。

工場実習は静岡の工場で泊り込みで2ヶ月滞在するので、みんなプライベートとかいう概念があまりありません。
ひたすら、何時間も流れ作業に没頭するのは非常に大変でしたが、仕事の後に個人的な予定があるわけでもなく、いつも仲間と一緒で、楽しかった思い出があります。

販売実習はショップで携帯電話を販売する仕事でした。販売実習での経験は今でも大きな財産になってます。
当時は何気なく携帯電話を見に来たお客さんとの会話を通じて、商品を買う気にさせていく過程がとても面白かったですね。意外な発見でした。

あくまで研修なので、販売の楽しい部分だけ経験できたのも楽しかった理由のひとつでしょう。
お店の店長やスタッフ(みんな若い女性!)も、ずいぶん私をかわいがってくれましたし(笑)
技術の仕事じゃなくて、販売の仕事に進めばよかったと当時は思ったものです。

工場や販売以外にもこまごまとした研修を経て、10月にようやく配属になりました。
(あれ?10月だっけ・・・)

当時、いろいろな先輩から、新入社員研修時代が一番面白かったという話をよく聞きましたが、やっぱりその通りでした。
スポンサーサイト
独立
またまた久しぶりの更新です。

突然ですが、7月いっぱいをもって、今の勤め先を退職し、診断士として独立することにしました。

退職することになって、あらためて気付きました。

本当に多くの方に支えられて、今までの自分があったのだと。。


独立して、うまくやっていけるのかどうか・・・

未だに半信半疑ですが

新たな旅立ちを記念して、またブログを復活することにしました。

別に今まで休止してたわけじゃなくて、更新をサボったままズルズルときてしまっただけですが・・

最終出勤日を迎える前に

明日から、長いようで短かった自分のサラリーマン生活を振り返っておこうと思います。




研究会紹介
今日は私の所属している中小企業政策研究会の会合に出席してきました。

中小企業政策研究会の中には様々な分科会のようなチームが多数あるのですが、その活動紹介を発表してきました。

聴講者のほとんどが昨年の2次試験に合格し、今年新たに診断士になる方で、みなさんメモをとりながら
真剣に話を聞いておられました。

私達の発表もどこまでチームの魅力を伝えることができたのかわかりませんが、来年も素晴らしいメンバが新たな仲間になってくれることを楽しみにしています。

夕方から、会社にもどって少し仕事をしてから、大学時代の同級生と食事をしました。
明日は代休でひさびさに会社も組合も診断士も何もない一日です。

普段やれない用事を済ませるか、それともダラーっとした一日を過ごそうか、いずれにしても明日は楽しみな一日です。

つぎ夢研究会での研究発表
先週、神奈川支部のつぎ夢研究会にて研究発表を行ないました。
つぎ夢研究会とは、TACのT先生とM先生が主体となって、主にTAC卒業生を中心に構成される研究会です。

私は、この8月からつぎ夢研究会の中のT社支援プロジェクトに参加していました。

T社は都内の某商店街にある生活用品・雑貨小売業です。

支援内容は、アンケート調査・分析を通じて店舗改善の提案です。また今後の成長に向けて新規事業の提案も行ないました。

残念ながら、社長への報告会には日程調整がつかず私は参加できませんでしたが、報告会に参加した方の話によると活発な意見交換が行なわれ、社長、社長夫人にも大変好評だったとのことだったのでひと安心しました。

研究発表では、プロジェクトの参加メンバ全員が交代で各自の担当範囲を発表しました。
みなさん、上手に話しをされて圧倒されたのですが、ひときわ印象に残ったのがUさんのプレゼンです。

Uさんのプレゼンは型にはまらないプレゼンスタイルで、かなりユーモアのある語り口です。
しかも、要点を簡潔に話すので非常に分かりやすい!

今後も、T社には継続的に支援していこうという話になりましたので、また今回のメンバと一緒に仕事ができたらいいなぁと考えています。
創業者との出会い
最近、あるベンチャー企業の支援専門家登録することとなりました。

今日は初めて会合に出席し、3人の社長と歓談しました(タバコ部屋で偶然)

社長から事業内容、起業の動機、事業戦略、いま困っていることを聞くことができました。

実際に困っている社長から、予想もしない相談を受けたとき、どれだけ相手の知りたいことを汲み取れるか、自分の知識をひっぱれだせるか、その分野に詳しい人を思い出せるか、瞬間的に頭が回転します。

非常に勉強になりました。