FC2ブログ
企業内診断士を経て、とうとう8月1日に独立します
サプライズ
今日は組合の最後の会議でした。

会議の終りに思わぬサプライズ!

同じ支部役員のみなさんからプレゼントと寄せ書きをいただきました。

この2年間、診断士の活動に出たり、睡眠不足で体調を崩したりで
会議やイベントに参加できなかったりすることも多く、
とてもご迷惑を掛けてしまい心苦しい思いで過ごしてきました。

なのに、こんなに暖かく送り出していただけるとは。。。

本当に感激しました。

会社時代のみんなのご好意に報いるために今の自分に何ができるのかわかりません。

当面できることと言えば・・・

診断士で独立というのは、うちの会社では珍しい存在だとは思うので、
「今、アイツこんなことやってんだ?」という話しのネタを提供することくらいでしょうか。

明るい話題を提供できるよう身を引き締めたいと思います。


kumiai_photo

スポンサーサイト
サラリーマン振り返り ~新人編~
配属後は、地味な生活が始まります。

海外向け携帯電話の通信機能の開発が私の役割でした。

海外に行きたくて海外を希望していたんですけどね。。。

結局、海外の開発部門とはメールが主なコミュニケーションツールで、海外出張は一度もありませんでした。

新人技術者の仕事って、たいてい評価から始まります。

私も例に漏れず、通信の性能評価をひたすらこなすことが最初の仕事でした。

通信機能の開発というのは、3GPPという標準化機関で決められた仕様を満足することが最初の目標になります。

3GPPには非常に多くの仕様が規定されていて、評価項目も膨大な数になります。

また機能面、性能面で不具合が見つかったら、これまた膨大な数のログを取得して解析作業になります。

評価も不具合解析もかなりしんどいデータ処理をともないます。地道な作業が大嫌いな私は何とかして楽をしようとマクロの勉強を始めました。

Excelのマクロに自信をつけた私は、一時はExcelで飯を食っていこうとも思いましたが、協力会社のExcelマスターの方が作ったExcelマクロのあまりのすごさに、簡単にあきらめました・・・

まさに井の中の蛙でしたね。

とはいえ、この頃の業務を通じて、Excel、Wordのスキルが飛躍的にあがりました。

いま思い返すと、「通信」という技術領域そのものより、業務の生産性をあげることに自分の興味が移っていたような気がします。

ずっと後の話になりますが、診断士1次試験の運営管理で学ぶ制約理論(TOC)を業務に応用して、担当チームの生産性がかなりアップしたときには、「TOC、すげえええ!」と感動したのを覚えてます。

プロジェクトのほうは、なかなか実を結ばず、商品という形になったときには、もはや既に新人ではなくなっていました。

ちなみに前の話に出てきた「販売」への興味ですが、頭の片隅にはあったものの、技術から販売へはいつでも移れるけど、いったん技術から離れたらもう技術には戻れないと思い込んでいたので、まずは技術者として頑張ろうということで、しばらくは技術開発にいそしむことになります。

これが数年後に30歳の時に挫折となるのでした・・・
サラリーマン振り返り ~新入社員研修編~
大学院卒業後、私は松下通信工業という会社に就職しました。

松下電器産業(現パナソニック)のグループ会社の1つなのですが、いわゆる子会社というイメージではなく、社内分社という形で、松下電器に採用された社員の配属先の1つというイメージです。

研修は、最初に本社で集合研修を受けた後、工場実習、販売実習という流れでした。

私の風貌と作業着、作業帽がよっぽど似合っていたのか、工場実習では同期の仲間から工場長とあだ名をつけられたりもしていました。

工場実習は静岡の工場で泊り込みで2ヶ月滞在するので、みんなプライベートとかいう概念があまりありません。
ひたすら、何時間も流れ作業に没頭するのは非常に大変でしたが、仕事の後に個人的な予定があるわけでもなく、いつも仲間と一緒で、楽しかった思い出があります。

販売実習はショップで携帯電話を販売する仕事でした。販売実習での経験は今でも大きな財産になってます。
当時は何気なく携帯電話を見に来たお客さんとの会話を通じて、商品を買う気にさせていく過程がとても面白かったですね。意外な発見でした。

あくまで研修なので、販売の楽しい部分だけ経験できたのも楽しかった理由のひとつでしょう。
お店の店長やスタッフ(みんな若い女性!)も、ずいぶん私をかわいがってくれましたし(笑)
技術の仕事じゃなくて、販売の仕事に進めばよかったと当時は思ったものです。

工場や販売以外にもこまごまとした研修を経て、10月にようやく配属になりました。
(あれ?10月だっけ・・・)

当時、いろいろな先輩から、新入社員研修時代が一番面白かったという話をよく聞きましたが、やっぱりその通りでした。
独立
またまた久しぶりの更新です。

突然ですが、7月いっぱいをもって、今の勤め先を退職し、診断士として独立することにしました。

退職することになって、あらためて気付きました。

本当に多くの方に支えられて、今までの自分があったのだと。。


独立して、うまくやっていけるのかどうか・・・

未だに半信半疑ですが

新たな旅立ちを記念して、またブログを復活することにしました。

別に今まで休止してたわけじゃなくて、更新をサボったままズルズルときてしまっただけですが・・

最終出勤日を迎える前に

明日から、長いようで短かった自分のサラリーマン生活を振り返っておこうと思います。