FC2ブログ
企業内診断士を経て、とうとう8月1日に独立します
できた理由とできなかった理由
今日は、私の備忘録のため非常に長いです。読むのがつらいわりにはあまりタメにならない情報なので(普段の記事もですが)、読まないほうがいいと思います。


(はじめに)
実はTAC模試の事例2を解きなおしたところ、以前正解していた問題を
今日は間違えました。

まだ事例に取組み始めて一週間ほどですが、それでも
4月にできたことが何故できない!?と一瞬青ざめてしまいました。

そこで改めて、4月の答案と今日の答案を見比べてみました。
ちなみに4月の時点では58点でした(非常にやさしかったらしい)


①前回と今回で試験に取り組む前の状態
【4月】
4月に模試を受けたときは、TACの2次対策講義の1回目の講義のみを受講しただけでした。そこで初めて問題要求の複数解釈の概念や、解釈によって異なる対応が必要なことがわかりました。

1次試験対策でいっぱいいっぱいだったので、それ以外のことは何も勉強せず、SWOT分析から強み弱みと機会脅威を抽出し、環境の変化といった脅威に対して、脅威を緩和する方向と脅威を回避する方向と2通りだけをひたすら導く練習を模試の一週間前にH18年の事例を使って行いました。
それ以外は全部捨てるつもりで、結果も気にしないと心に決めてました。

試験の取り組み方としては、事前に練習した内容に合致した問題だけ、得点を狙いにいく。後は国語の問題だと思って思ったままに回答するというものでした。だいたい問題用紙に色ペンで線を引くなんて、模試のときに隣の人がやっているのを見て初めて知ったくらいです。

【今日】
まだ完成形ではないですが、
1)設問を一読して問題パターンは何か?を確認する。
(強み弱み、理由、今後の戦略などなど)
 文字数や配点をチェックするといったような形式的な確認。
2)与件文を読んで気になるところを鉛筆で線を引いたり、軽くメモを残したりする。
3)まじめに設問を読み、問われている内容をつかむ
4)設問を意識しながら、与件文を読みつつ設問ごとに異なる色のマーカーで、解答の材料となりそうなキーワードに下線を引く。
(ここまでで大体30分経過)
5)マークしたキーワードから方向性をイメージして、解答をおぼろげに頭の中で組み立てる。また情報整理もここで行う。
(ここまでで大体40分)
6)解答を開始する。

という手順でH16~H18の事例1~4に取り組み、模範解答を見ながら
切り口、問題要求パターン、編集パターンなどについて、
適宜フィードバックしてきました。

②結果
◎4月にできなくて、今回できたこと
・解答の書き方が模範解答っぽい文章になったこと
 (以前は小学生の解答みたいな文章でした)
・複数のキーワードを全部盛り込みたい場合、それらに共通した内容を
 端的に表す言葉で表現できるようになったこと
 (ただし知ってるパターンに限りますが)
・解答するときに1次の知識が頭に思い浮かんだこと

×4月にできたのに今回できなかったこと
・与件文に直接明記されていないが、言われてみれば、また良く考えてみたら、確かに・・・っていうような間接的に書かれている表現を見逃すようになった。

③4月にできたのに今回できなった理由
当時の問題用紙を見て、どんなマーキングをしていたのかを確認しました。4月時点では設問との対応付けとかよくわからなくて、気になる箇所全てに線を引いているようでした。したがって後からみて、線を引いた箇所をどの問題に使おうとしたのかということがまったくわからない状態でした。これは言い換えると、当時は気になる箇所にひたすら線を引いて、設問ごとに問題文全体を読み返していたんだと思います。
確かに時間がかなり足りなくなったような覚えがあります。

それに対して、今回は設問に対応したマーキングをしており、実際に答案作成する際にはマーキングした箇所だけをよりどころにしていました。実際にそのつもりで今の手順にしているつもりです。
ただし、上記2)で気になるところを鉛筆で線を引く時には解答要素を確かにチェックしています。ところがマーキングで解答材料を絞り込むときに一度鉛筆で印をつけた箇所をそぎ落としているのです。

④今後の対応
a) 今のマーキング方法を維持したままでマーキングエラーが発生しないようなルールを取り入れるか、キーワードを使う使わないの判断レベルを向上させる。
b) マーキング手順そのものを見直す。
という対応が考えられます。

今の設問対応型のマーキング方法のメリットは、
・キーワードを細かく書き出さなくとも、比較的情報が整理されているように見える。→書き出す時間を短縮できる。
・設問間のつながりがわかりやすくなるような気がする。

反対にデメリットは、
・キーワードがマーキングする対象から漏れたら解答からも漏れる。

です。

⑤結論
上記メリットデメリットを踏まえた上で、
a)、b)の両方から今後の対策を検討すること。


さて、ここまでちゃんと文章にして書いたら、
だいぶ頭が整理されました。
私は大満足ですが、私以外の人は長い文章でイラっとしたことでしょう。最後まで読んじゃった人、お疲れ様でした。























スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
とんでもないっ。
ブログ拝見していつも参考にさせていただいていますが2次の勉強方法については本当に参考になりますっ。タメにならないなんてとんでもないっ。

わたしはまだ2次試験の勉強を始めていないので、何を勉強するのか、ポイントは何なのかなど、ほとんど分かっていない状況です。

そんなわたしにとってけいさんの記事は、非常に客観的、分析的でこれからの勉強方法を決めていく上でとっても参考になりますっ。

ということで(笑)、これからもブログ更新頑張ってくださいっ。
2007/08/17(金) 13:39:10 | URL | モンモン #JalddpaA[ 編集]
こんばんわ。
備忘録を自分の手元でやると、
ついつい適当になってしまい、
後で見返したときに何を考えて
こんなメモを残したのか
わからなくなることが僕の場合、
多いです。

なので、ブログに書いて
他人の目にさらすことで
キチンとした文として残せるんだと
考えています。

他人が見てわからない文章は、
後々の自分が見てもわからないことが多い。
他人が見て、それなりにわかる文章は、
後々の自分が見てもわかるだろう的な
発想です。
ですので、もんもんさんが、
僕の備忘録を読んで、たまたま何か得るも
のがあったのなら、それはそれでいいことだと思うので、これからも暖かい目で
見守ってください。



2007/08/18(土) 00:32:59 | URL | 「けい」 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
小野真弓がヘアヌード発売と引退を・・・ 削除されてたらここにもあるよ小野真弓 ス
2007/09/03(月) 14:22:48 | 小野真弓がヘアヌード発売!!
自信満々のコギャル時代 今ではすっかり大人の女になった優香だが何年か前まではグ
2007/09/13(木) 11:57:12 | 優香のポロリ写真!!