FC2ブログ
企業内診断士を経て、とうとう8月1日に独立します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベストを尽くすために
長かったようで短かった中小企業診断士の筆記試験もあと3日で終わりです。
自分の納得いく学習時間を確保することはできませんでしたが、
自分の納得いく解答手順はまとまった気がします。

ただし、練習量は絶対的に少ないため、試験本番で
発揮できるかどうかが合否の分かれ目という微妙なラインに
位置していると思います。

後は、取れるはずの点数をいかに落とさないか?という点に絞って
残り二日を過ごそうと思います。主に以下の点についてミスの再発防止に努めます。

・試験開始後に設問に目を通したときに何を問われているのかわからなかった場合、与件を見る前の段階ではあまり悩まないようにします。
・答案を作成している途中で、間違いに気づいたり、記述内容に納得がいかない記述になった場合に後先考えずに全消ししないようにします。
・不幸にも「~である。」という語尾にしようと思ったら101文字になってしまう場合、「~である。」で締めることにこだわって時間を浪費しないようにします。
・第1問で4つ強みを挙げる問題が出た場合、1つ目から3つ目まで「~であること」と書いたのに4つ目の解答欄では「~であること」とうまく書けなくても手を止めて悩まないことにします。
・SWOT分析で間違えて青と赤を間違えて塗っても、修正方法にあれこれ悩まないようにします。
・数値計算で電卓をたたいてるときに、打ち間違えたかも?と少し頭をよぎったのに、たぶん大丈夫だろうと考え直してそのまま計算を進めてしまわないようにします。
・試験中に明日から何しようかな?とか試験以外の世界へ飛んでいかないようにします。

どれもこれも事例を解くうえで、本質的でない内容ですが、
本質的でないぶん、こんな理由で失点したら悔やんでも悔やみきれないので、あえて明文化して自己反省を促しました。

本質的なミスで失点するのは、自分の実力なので諦めもつくため、
今更あたふたしてもしょうがないです。

明日は事例Ⅰ~Ⅳの知識整理と勘が鈍らない程度に事例演習を行います。
明後日は、手順の最終確認と勘が鈍らない程度に事例演習を行います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
けいさん、おひさしぶりです。
事例問題、思い切りも大切ですよね。
時間ないですし。

当日はお互い悔いが残らないようにがんばりましょう。
4人全員合格できるといいですね。
そしたら、本出しましょうね。
2007/10/19(金) 17:44:16 | URL | hodomac #-[ 編集]
お疲れ様です。

初学者4人が全員合格したら、「TAC横浜校の奇跡」というタイトルで出版しましょう。

僕だけ落ちたら、「診断士受験生、『けい』の悲劇」というタイトルで自費出版します。

では、明日リバティで会いましょう。
2007/10/20(土) 00:27:25 | URL | 「けい」 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
企業診断 2007年 09月号 [雑誌]・中小企業診断士試験対策26・中小企業診断士・中小企業診断士2次試験・Ichiroの中小企業診断士トライ・終了・台無し†。中小企業診断士・7年目の挑戦†中小企業診断士試験合格†中小企業診断士・中小企業診断士になるぞ。・中小企業診断士
2007/10/31(水) 06:30:55 | みくの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。