FC2ブログ
企業内診断士を経て、とうとう8月1日に独立します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アントニオ猪木という名の診断士受験
~道~

この道を行けばどうなるものか、
危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし
踏み出せば、その一足が道となり、
その一足が道となる。
迷わず行けよ、行けばわかるさ、

アントニオ猪木の引退メッセージより

診断士受験を始めるにあたり、
診断士講座の受講料二十数万を支払うときに
この言葉を思い出しながら受講料を支払いました。

今となっては、迷いはないですが、
診断士受験に挑戦するかどうか、
申し込み窓口で一万円札を握り締めながら
迷ってた自分が懐かしいです。

ちなみにどうでもいいことですが、
パチスロ「アントニオ猪木自身がパチスロ機」という台で
超プレミア演出として「チャンピオンロード」という演出があるのですが、アントニオ猪木の肉声で「道」が唱和されます。

この演出は、紙のように薄い確率でしか出現しないため、
この演出が見たくて毎日パチンコ屋に通った時期がありました。
しかしながら、結局、自分で演出にお目にかかることはできなくて、
隣の台の人が出した「道」をみて感動して、
僕はパチスロ生活にピリオドを打ちました。

だけど、診断士試験は、自分の力で「合格」というプレミアを引き当ててみせます。
そして、決して隣の人の「合格」をみて満足して
診断士受験にピリオドを打つことだけは絶対にないようにします。

では、僕も含めて共に頑張ってきた仲間達と
「合格」という名のプレミアを引き当てに行って来ます。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。