FC2ブログ
企業内診断士を経て、とうとう8月1日に独立します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事例で学んだノウハウを仕事に活かす~切り口の活用~
今回の2次試験の準備を進める上で、切り口の活用ということを意識してきました。

試験が終わった今、仕事上の切り口集を少しずつ作成しています。
僕は技術者なので、3Cとか4Pといった切り口が仕事に適用できるわけではないので、事例とはまた違った切り口になります。

例えば、①電圧、②周波数、③処理タイミング、④信号品質、といった具合に切り口を設定して、自分の設計の妥当性や、解析レポート等に使用してきました。

この方法を使うメリットはかなり大きいと感じています。
事例答案風に書くと。。

メリットは、①仕事のスピードが速くなること、②報告内容に説得力が増すこと、③若手などの経験の浅い技術者の人材育成に使えること、である。

と思っています。

コンサルを職業にしている方や、いわゆる「できる人」にとっては、
当たり前のスキルだと思いますが、マニアックな世界にいる技術の世界では、勘と経験で感じたことをそのまま報告するという人が多数いると思います。(僕の会社だけ?)

僕も診断士の学習を始める前は、こんなことまったく意識してませんでした。
まあ、得意満面な顔して、切り口がどうのこうのって会社で言うつもりもないのですが、少しずつマネする人が増えて、うちの会社でも切り口の活用が広まってくれたらなぁと思います。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。