FC2ブログ
企業内診断士を経て、とうとう8月1日に独立します
中小診断士試験までの振り返り(モチベーション2)
僕は何度もブログで書きましたが、受験仲間には恵まれてました。
僕の一番のモチベーションアップの要因だったと思います。

受験生を見ているとストイックに1人で頑張る人と仲間といい関係を作って頑張る人がいると思いますが、僕は後者の方でした。でも、単身で受験機関に入学して誰とも会話することなく一年間を過ごす方も沢山いると思います。確かに少人数制のクラスならいざ知らず、大手受験機関だと大勢の人が講義を受けているので、なかなか話しかけづらいものがあると思います。

【モチベーション】「受験仲間」
タバコ吸う人とかだと、タバコ部屋とかで話しかけてみるのもいいかもしれないです。僕の場合は、タバコ部屋が仲間作りの場でした。基本的にタバコ部屋で一人でタバコすってる人は、そこにいる間はヒマしてます。よっぽど変な人から以外は基本的に話しかけられるとウレシイもんだと思います。 

あとは講座で懇親会とか開催されるようであれば、チャンスだと思いますのでぜひ参加してみてください。懇親会では浅く広く話をしすぎると、顔と名前が一致しなくなって次回の講義ではまた他人に戻ってしまう恐れがあるので、できたら少人数相手にじっくり話し込んで次回の講義で話しかけやすいようにしておきましょう^^
実際、僕も懇親会でちょこっと会話しただけの人とは次回講義であっても誰か思い出せずにそのままになってしまったことがありました。

(効果)
互いに答練の結果などを報告することによって、小さな競争心が生まれ非常にいい緊張感になると思います。相手に勝つと思ってライバル心をメラメラ燃やすのもいいかもしれませんが、僕の場合は他のメンバーが僕よりはるかに優秀だったので、最低限の必達目標として彼らの点数の8割以上を目標にしていました。理由は、仲間の点数の8割を下回ってくると勉強の会話に入りづらいなぁと感じたからです。もちろん本試験において自分一人だけ落ちたくないという嫌な汗をかくプレッシャーもありますし、一緒に合格したいといういい汗をかくプレッシャーもあります。

試験に関する情報交換にも非常に有効です。たとえば、本試験の申し込み、模試の申し込みなど仲間と声をかけあうことによって、うっかり忘れるというリスクが低減します。

勉強時間や問題集の進捗状況など、仲間がよいペースメーカーになります。勉強時間や答練の点数を正直に話してくれる仲間と◎です。ただし、やる気のある社会人が大半の診断士受験においてはあまり見かけないと思いますが、マイナスなことばかりいう仲間だと逆に悪い意味でペースメーカーになってしまうので、注意が必要だと思います。具体的には、「今週ぜんぜん勉強してないっすよ」、「今度の答練あんまり勉強してないから、受けるつもりないです」みたいな発言を繰り返す仲間だったら要注意だと思います。

1次・2次試験終了後、お互いの労をねぎらうことができる。

2次試験の取り組み方について、情報共有や勉強会ができる。

同じ目標に向かって頑張る仲間だから、一緒に話をしていても楽しいと思える。


とはいえ、ひとりでストイックに学習を続けて見事合格される方も大勢いらっしゃるので、自分の性格にあったほうを選択されるとよいかと思います^^
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック