FC2ブログ
企業内診断士を経て、とうとう8月1日に独立します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰国しました
昨日無事帰国しました。

色々見てきたのですが、とりあえず小ネタを一つ・・・

みなさん、中小企業白書2006年版にて、中国企業は支払い遅延率が高いという話があったのを覚えているでしょうか?(白書2006のP101あたり)

現地でその件について聞いてみたところ、その通りだと言っていました。
具体的な手口の一例を聞いたので忘れないうちに書いておきます。

①「納品⇒検収⇒支払い」という契約を結ぶ
②納品されても検収はしない
③検収が完了していないことを理由に支払いをしない
④検収を催促しても、「今忙しいから検収ができない」と回答して検収を先延ばしにする

だそうです。

僕は実際のビジネス上の契約に立ち会った経験がないので、よくわかりませんが、日本でもよくある話なんでしょうかね・・・?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なるほど~。。
確か中国の調達担当者はどれだけ支払いを引き延ばせるかで評価が決まるとかって書いてましたよね~。
でも企業経営上やってることは間違ってないですよね。嘘つくのは駄目ですけどw

2008/01/18(金) 09:44:02 | URL | モンモン #-[ 編集]
参考にしています
二次試験のことなど、参考にさせてもらっています

ところで中国のことですが、検収を伸ばすパターンもあるし、送金を忘れたという古典的なパターンもあるし、担当者がいないというパターンもあるし、得意先の社長さんが資金繰りで途方に暮れていました
2~3ヶ月平気で伸ばしてくるそうですし

日本でそういうことをしたら、信用をなくすので、めったに聞いたことはないです
でも、その社長さんの会社からの入金だけは、その影響でよく遅れていました
2008/01/19(土) 13:40:31 | URL | Frank #9xsPF1TE[ 編集]
>モンモンさん
こんばんわ。
そうですよね。ほんと何度中国にいっても、まともな人とまともじゃない人のギャップが激しすぎて・・・
でも、ウソは勘弁ですね。

>Frankさん
こんばんわ。書き込みありがとうございます。
色んな手口があるんですね。こういうのばっかりは経験(見る、聞く、体験する)しないとわかりませんもんね。
最近は中国から撤退する中小企業もチラホラ出てきてるみたいですね。
2008/01/20(日) 03:19:21 | URL | 「けい」 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。