FC2ブログ
企業内診断士を経て、とうとう8月1日に独立します
中小診断士試験までの振り返り(1次試験ノウハウ2)
引き続き、1次試験までに重視したことを書きます。

【問題集・答練・模試の取り組み方】
問題を解く際に○/△/×を記号の横に書きました。

 内容が正しい理由がわかる、つまり自信を持って正しいと言える選択肢を○、内容が誤っている理由がわかる、つまり自信を持って間違いと言える選択肢を×、理由が説明できない、つまりわからない、自信がない選択肢を△としました。

当然、ア)~オ)まで△ばっかりの問題も頻繁に出てくるわけですが、その場合は、さらに読み返してみて、理由はわからないけど、正しい気がする、間違っている気がする選択肢を△の横に○/×をつけて答えを絞り込みました。

そしてこのように自信のない問題には、問題番号のところへ大きく△を書いて、余り時間の見直し対象として優先度を高く設定しました。

また、得点にはなったけど自信をもって解答できなかった問題(例えば○△、×△)については、自分の中では間違った問題として認識し、復習の対象としました。定量的には言えないですが、感覚として4~5割の問題で自信を持って○/×で解答できたテストについては、○△/×△で正解した問題も含めるとトータルで6~7割は確保できると思います。

2次試験のノウハウについても同じことが言えますが、これらの取り組みは最初から狙ってやったわけじゃありません。学習を進めながら試行錯誤して、固まった自分の取り組み方法です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あとは、 ×が何回もつく 難しい問題は、はやめにあきらめました(^^;
2008/01/21(月) 09:18:48 | URL | ロンドン3 #-[ 編集]
>ろんどん3さん
こんばんわ。
確かに×ばっかり印ついてると
へこみますよね。

僕もぎりぎりまで粘ったけど、あきらめた論点も結構ありましたよ


2008/01/23(水) 00:08:54 | URL | 「けい」 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック