FC2ブログ
企業内診断士を経て、とうとう8月1日に独立します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サラリーマン振り返り ~診断士受験~
1次試験をパスされた方は、そろそろ2次試験に向けて本格的にエンジンが掛かってくるころだと思います。

新たな挑戦を模索し始めた僕が中小企業診断士に興味を持ち、受験機関に足を運んだのは2006年の5月頃でした。

いろいろな受験機関があることを知りましたが、当時は横須賀に住んでいたこともあって、都内の受験機関に通うことを諦め、横浜に校舎があるところに絞りました。

また、仕事で講義を受けられないこともあるので、最終的には振替え講義が充実しているTACを第一候補にしました。

早速、TACに足を運び事務局に受験相談をしたのですが、診断士の1次試験は8月なので、また翌年度のコースが始まる8月か9月に来て下さいとのことでした。

そんなわけで、いったん出直すことにし、9月に再度TACで講座申込み、10月から企業経営理論が始まりました。

10月から受験勉強がスタートしたわけですが、10月~11月の僕の勉強に対する意識はそれほど高くありませんでした。

というのも、仕事の忙しさを理由に1ヶ月の学習時間は講義を含めて40時間弱という有様でした。

そんな僕に闘魂注入してくれたのが、同じ診断士講座に通うrivertさんでした。

「1ヶ月に100時間以上は基本でしょ?」

彼のこの一言に触発され、僕も1ヶ月100時間以上を目標にとにかく数値にこだわりました。

日々の勉強時間を記録しエクセルでグラフ化して、グラフが上向きになるとニヤっとする気持ち悪い取組みも実行していました。

よく勉強の量と質が議論になることがありますが、凡人は一度は量にこだわるべきだと思います。量をこなしたことのない人は自分にあった質の高い勉強方法を見つけることが難しいというのが自分の経験から生まれた感想です。

とにかく100時間以上にこだわった結果、1次試験までに1050時間の勉強時間を確保することができました。

会社の仕事も佳境を迎えていたこともあって、残業時間も60~80時間という状況でしたので、その頑張りには今でも自画自賛です(笑)

いっぽうで、診断士の勉強が会社の仕事にも大いに活用できました。
IE(インダストリアル・エンジニアリング)、TOC(制約理論)、ECRSなど、
様々な生産管理の考え方を自分の開発業務に導入することで、業務の生産性も向上し、さらに浮いた時間を勉強に当てるという好循環が生まれました。

そんなこんなで、何とか1年で無事合格することができたわけですが、会社生活と受験生活の両立の中でも、いろいろな学びがありました。

1つ目はゴールを強くイメージすることの重要性です。資格試験はゴールが明確です。

「合格」というゴールをとにかく強くイメージすることで、自分の行動がブレることがほとんどありませんでした。

2つ目はPDCAの重要性です。仕事においては自分ではどうにもならないことも多々あるので、なかなか思い通りに行かないことも少なくありませんが、勉強のPDCAは全て自己責任だし、やった成果も全て自分のものです。

今週の学習計画を立て、勉強時間を記録し、結果を振り返る。またテストの点数を振り返る。など、とにかくPDCAに取り組みやすい。

これらのゴールを強くイメージすること、PDCAなどの効果を一番分かりやすく実感できることの1つが受験勉強だったのではないかと思います。

こうして中小企業診断士という資格を得た僕は、

「これでいつでもキャリアチェンジできる。未練の残らないよう技術開発に打ち込みつつ、他の道を模索しよう。」

と考え始めるわけですが、これは甘い考えだったと後から思い知るのでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リンク申請

こんにちは。はじめまして。
ブログを拝見させて頂いている者です。ブログアプ連日お疲れ様です。
今回は相互リンクをお願いしにメールをさせて頂いております。
既にこちらからは勝手ながらリンクを張らせて頂きました。
(リンク形式についてご要望があればなんなりとおっしゃって下さい。)
ご検討頂けないでしょうか。宜しくお願いたします。

弁理士たっちんが中小企業診断士取得でダブルライセンス
http://blog.livedoor.jp/sinndannsi/
2010/08/19(木) 23:19:01 | URL | たっちん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。